"ゴミ屋敷"から"遺品整理"まで

住環境ケアサービス ブログ

住環境ケアサービス 遺品整理 ゴミ屋敷 清掃のプロ

ゴミ屋敷・不用品回収をする上で活用できるもの

本日、不用品回収業者が無許可回収をしたとして、「エコ王子」の責任者らが逮捕をされる事件がありました。家庭から出る廃棄物は例外なく一般廃棄物処理業者にて処分をしないといけないです。おそらく不用品回収業者は、廃棄物でなく有価物として回収をしたと主張をするでしょうが、有価物として回収する際には、古物商免許が必要です。また、買取金額のほうが、作業代金より高いことが要件となります。それにしても、行政が行う回収費用の40倍以上の金額を請求をしていたというから驚きです。多数の被害者がいるのでしょう。

クリーンセンター

家庭からのごみを安くする方法として、自分でクリーンセンターに持ち込んで処分をする方法がありますが、なかなか持ち込みまではできない方は、行政に大型ごみを回収をしてもらう方法があります。

行政に回収

住所や氏名、連絡先、出すごみの品目等伝えて、受付番号、収集場所をお知らせをします。(粗大ごみ処理手数料券を購入・貼り付け)申し込みから一週間ほど収集に時間を要することになりますが、0120-100-530にて詳細確認できます。その他リユースもおすすめです。アプリ登録にて活用ができるものがあります。

家電四品目

テレビ エアコン 冷蔵庫 洗濯機/衣類乾燥機等は決まった処分方法があります。国内より海外製品のものが処分費用が高くなる傾向がありますが、家電リサイクル法に沿って、指定取引場所に搬入をすること(家電リサイクル券を購入)必要その他、お店に取りに来てもらう方法もあります。

パソコン

パソコン処分は、自治体と連携した無料回収をしているところがありますので、一度調べてみてください。法律も基づく宅配回収!ですから安心です。また電池・小型家電(40センチ以下の家電)や蛍光灯・雑紙・刃物等はまち美化事務所にて処分が可能です。

まとめ

可能な限りご自身で処分をされるのが、お安く処分ができますが、不用品回収業者にて高額な金額請求があった際には、一度行政に相談されることをお勧めします。

トップページはこちらから…

京都で遺品整理・ゴミ屋敷・お片付け・清掃のことなら住環境ケアサービスへ

まとめリンクはこちらから…

https://lit.link/caretaxifullallcom

シェアボタン

アーカイブ